釣り初心者の東京湾・大原の海釣り記録

2019年5月に釣りデビュー以来、釣りにハマった会社員。東京湾、外房大原・相模湾を中心とした海釣り・船釣りの記録

釣果が伸びる! 初心者が悩むLTアジのタナの合わせ方について

みなさまこんにちは。東京湾でのLTアジ楽しいですよね。

LTアジ

沢山釣れるのもLTアジのおすすめポイント

シーズンをあまり気にしなくても釣行に行けるし、朝がそこまで早くないので、電車でも出かけられる。そこそこの引きも楽しめ数釣りも楽しめる、お気軽で楽しい釣りです。あと何より東京湾のアジは脂が乗っていて美味しい!

 そんな初心者にもオススメな東京湾のLTアジですが、今回は簡単そうで難しい「LTアジのタナの合わせ方」について考えてみます。

 

LTアジは楽しい!

LTアジ タックル

朝7時くらいから行けるのもおすすめポイント

だいたい朝7時くらい出船の船宿が多いので、朝日を見ながら出船できます。

 

ちなみにいつものLTアジのタックル

ロッド シマノライトゲームBB 195センチ

リール シマノバルケッタBB 300HG

ライン PE 1.5号 200メートル
リーダー フロロ5号20lb 1メートルほど
仕掛け アジビシ 10号

 

バルケッタについているカウンターは正直なくても出来ますが、これ一つでLTアジ、イサキ、ヒラメにも対応できるので僕はお気に入りです。 

 

仕掛けはアジビシ仕掛けを使っています。2本針、3本針ありますが、初心者は2本針オススメ。だいたい4セットくらいもっていくと安心です。

(よく絡みますし、お祭りもします。お祭りした際は切って新しく付け替えるのがおすすめです)

 

まずタナについて。

そもそもタナとは、「魚がいる層」のことを指します。魚は海の中でも上の方を泳いでいたり、底の方を泳いでいたり、中くらいの層を泳いでいたりと意外とバラバラしています。なので「タナを合わせる」とは仕掛けを魚がいる位置に持っていくことを意味します。魚がいない所でどれだけ仕掛けを泳がせても釣れません!

こちらの記事でも書きましたが、

釣れるためには「魚がいる場所に行くこと」と「その魚が釣れる釣り方をすること」がなによりも大事です。

これに加えると、魚がいる層に仕掛けを持っていくことがとても大事です。

 

LTアジやビシアジ船、イサキ船など、コマセを振って魚を釣る船では船長がこのタナを教えてくれます。魚探を見ながら、今このあたりに魚が集まっているな〜ということを教えてくれるのです。

船長がアナウンスしてくれる

「水深16メートル、底から2〜3メートルで合わせてみてください」

というのはタナが底から2〜3メートルだということです。

 

タナの合わせ方について

さてタナの説明が終わったところで、LTアジでのタナの合わせ方についてです。アジはイサキほどタナがシビアではないので比較的ずれていてもなんか釣れることは、あるのですが釣果を伸ばすためにはタナを合わせることが書かせません。

 

LTアジでよく使われるタックルを見ながら底を考えます。

LTアジ タックル 仕掛け

引用【https://www.fishing-v.jp/premium/220_2.html

 

まず初心者がよく思われる、どこから底をカウントするのかについてですが、基本的にはビシの位置(錘の位置)を基準に考えます。つまり底から3メートルと言われたらビシの位置を3メートルの位置に持ってくるということです。

着底したのを確認したら、リールを3回転すると底から3メートルの位置になります(1回転で約1メートルの場合)

このとき仕掛けはビシより下に漂っていますので上の図で行くと、底から2メートルの位置に仕掛けが漂っている形になります。

 

LTアジの誘い方

さてタナの位置についてわかったところで、誘い方です。上の位置でそうか!じゃあ3メートル巻いてから誘えば良いんだ!と思っていきなりリールを3回転してから、竿を上下に誘うとタナがずれます。

この辺はその日の状況にも依りますが、底から2〜3メートルと言われたときは、まず底1メートルにビシを持ってきます。そこで上下に2回ほどコマセを振ります。

こうすることでコマセが、2〜2.5メートル上に漂います。(竿を上げたときにだいたい1メートルほどずれるからです。)そこでさらに1メートルほど巻き、誘わずアタリが来るのを待ちます。15秒ほど待ってもアタリが来ない場合、ここでもう一度誘って、1メートル巻きます。

 

ポイントは底から1メートルでコマセを出してあげることで、アジがいるタナにコマセが漂うことです。その後ビシの位置をタナに合わせることで、コマセが漂う位置に仕掛けがいる感じになります。

 

LTアジ 東京湾 サバ

こんな大きなアジやサバも釣れます

コマセを振る位置と、アタリを待つ位置が違うのがポイントです!

 

簡単そうで、奥が深いLTアジ。ぜひタナの合わせ方に気をつけて楽しんでみてください!