釣り初心者の東京湾・相模湾・大原の海釣り記録

2019年5月に釣りデビュー以来、釣りにハマった会社員。東京湾、外房大原・相模湾を中心とした海釣り・船釣りの記録

初めてでも釣果が伸びる! LTアジのタナの合わせ方・仕掛けについて

みなさまこんにちは。東京湾のLTアジ(ライトアジ )楽しいですよね。初心者にも釣りベテランにもオススメな東京湾のLTアジですが、今回は簡単そうで難しい「LTアジのタナの合わせ方」について考えてみます。

 

LTアジ

沢山釣れるのもLTアジのおすすめポイント

初めての船釣りや、子供や女性の方でも楽しめるLTアジですが、朝もそこまで早くないので電車でも出かけられる。そこそこの引きも楽しめて、数釣りも楽しめるお気軽で楽しい釣りです。あと何より東京湾のアジは脂が乗っていて美味しい!

 東京湾のアジ釣りで主に釣られている魚はマアジで、水深が5から30メートル程度の浅場で1年中釣ることができます!シーズンをあまり気にしなくても釣行に行けますね。

 

LTアジは楽しい!

LTアジ タックル

朝7時くらいから行けるのもおすすめポイント

LTアジはだいたい朝7時くらいに出船する船宿が多いので、車でなくても始発の電車に乗ればイケるところもおすすめなポイント。東京だと門前仲町や木場、羽田空港の近くから出ていますし、神奈川だと金沢八景から出てたりします

 

LTアジで使用するタックル

釣り初心者の方は、船宿でレンタルできますので借りましょう。レンタルタックルでも充分にアジは釣れることは出来ます。

ロッド シマノライトゲームBB 195センチ

リール シマノバルケッタBB 300HG

ライン PE 1.5号 200メートル
リーダー フロロ5号20lb 1メートルほど
ビシ 40号(船で借りれます)

仕掛け アジビシ針10号 ハリス2号
クッションゴムは合ってもなくても大丈夫です

 

ちなみにこれから東京湾のLTアジ用にタックルを揃えることを検討している方には、僕が使っているライトゲーム用タックルをおすすめします。ロッドとリールを併せても2万円ちょっとで済みますし、関東近郊での船釣りで汎用性が高いタックルです。

 

このタックルがLTアジにおすすめな理由

船釣りでは釣りたい魚に合わせてロッドを選びますが、大事なのはロッドの長さと錘が何号まで対応しているかだと思っています。防波堤のサビキ釣りとかで使用するロッドは300センチ近くあったりするため船では長すぎて対応しきれません。180センチから210センチの間であればだいたいの船釣りで対応できます。
僕が使っているシマノライトゲームBBロッドは長さが195センチで、メーカーが薦めるようにエントリーモデルに最適です。

 カーボン素材をネジレに強いハイパワーXで締め上げた細身軽量設計のライトゲームロッド。リールシートにはグリップ性能に優れたマルチパーミングシートを採用、手持ちのライトな釣りを快適に楽しめる汎用性の高いエントリーモデル

また錘の対応号数も30号から100号までカバーしているので、LTアジ、LT五目で使用する40号の錘からヒラメ船で使用する40号から60号の錘まで幅広くカバーできます。15号から20号をメインとするシロギスも使えないことはないです。

リールのバルケッタBBは、カウンターが付いてます。LTアジでは無くても出来る釣りですが、自分がどの位置まで仕掛けを落としているのかがわかりますので便利。

ラインもPE1.5号であれば200メートル、2号であれば150メートル巻けます。
これらのタックルを揃えれば、LTアジ、ウィリー五目、イサキ、ヒラメなど関東の釣り物に対応できるのでお気に入りです。 

 

LTアジの仕掛けとエサについて

仕掛けはアジビシの仕掛けを使います。

2本針と3本針がありますが、初心者は2本針オススメです。3本針だと不慣れなうちは仕掛けが絡んでしまい、解くのに時間がかかってしまいます。

針の色は白と金色があります。基本的に東京湾の夏の海は赤茶色に濁っているため、釣り針はアピール力が高い金メッキコーティングが一般的です。サバが多いときには目立ちにくい銀針にしてみたり、夜光ビーズを外したりする釣り人もいますが、効果があるかは不明…

サバも美味しいんですが、船中お祭りしちゃうことも多いので結構嫌われ者です。

 

  

 

よく仕掛けはどれくらい持っていくべきですか?と聞かれますが、だいたい4セットくらいもっていくと安心です。 どうしてもオマツリしやすい釣りです。絡んだときに新しい仕掛けに変えたりすることが多いのでなるべく多く持っていきましょう。

 

ちなみに無くなっても船で仕掛けは買えますので安心。定価よりちょっと高い船宿さんもありますがそこはサービス料として我慢しましょう!

 

ハリスは2号あれば十分ですが、サバや金アジなどサイズが大きいアジ(30センチ以上)を狙いに行くときはハリス3号にすることをお勧めします。糸が切れて大きなアジやサバがバレてしまうのも悲しいですからね。細いハリスの方が仕掛けがしなやかに漂いますが、仕掛けのトラブルは増えます。手慣れた人だと1.5号とかを使ったりする人もいますね。

  

 

  

ちなみに仕掛けはよく絡みますしオマツリします。初心者はオマツリした際は、無理にほどこうとせず切って新しく付け替えちゃうのがおすすめです。

 

エサについて

LTアジではコマセと呼ばれるイワシのミンチを撒き餌にしてアジを集めます。このコマセをビシに大体6~7割詰めて釣ります。パンパンに詰めるとコマセがフワッと出なくなるので6~7割で充分です。

f:id:ikuo00uk:20200912180541j:plain

手前のボールにあるのがコマセ

集めたアジを付けエサで釣ります。付けエサは赤短と呼ばれるイカを食紅で染めたもののほか青イソメが定番です。赤短は米粒大の大きさにカットして装着し、青イソメは1.5センチほどにカットします。ハリのフトコロに収まるように小さくかけます。

 

LTアジのタナについて

まずタナとは、「魚がいる層」のことを指します。
魚は海の中でも上の方を泳いでいたり、底の方を泳いでいたり、中くらいの層を泳いでいたりと意外とバラバラしています。なので「タナを合わせる」とは魚がいる位置に仕掛けの位置を合わせることを意味します。

 

魚がいない所でどれだけ仕掛けを泳がせたり餌をまいても釣れません!

こちらの記事でも書きましたが、

釣れるためには「魚がいる場所に行くこと」と「その魚が釣れる釣り方をすること」がなによりも大事です。

これに加えると、魚がいる層に仕掛けを持っていくことがとても大事です。

 

LTアジやビシアジ船、イサキ船など、コマセを振って魚を釣る船では船長がこのタナを教えてくれます。魚探を見ながら、今このあたりに魚が集まっているよ〜ということを教えてくれるのです。なのでその位置に仕掛けを持っていってねという意味です。

 

船長がアナウンスしてくれる「水深16メートル、底から2〜3メートルで合わせてみてください」というのは水深が16メートルで、底から2〜3メートルに魚が集まっているタナだということです。ここに仕掛けの位置を合わせれば魚は釣れます!

アジの活性が高い場合は3m、4mとタナを上げることでより多くのアタリをとることができたり、底上に張りついていることもありますが基本は船長の指示に従いましょう!

 

タナの合わせ方について

タナの説明が終わったところで、LTアジでのタナの合わせ方についてです。

アジはイサキほどタナがシビアではないので多少タナがずれていても、釣れることはあるのですが釣果を伸ばすためにはタナを合わせることが欠かせません

 

LTアジでよく使われるタックルを見ながら底を考えます。

LTアジ タックル 仕掛け

引用【https://www.fishing-v.jp/premium/220_2.html


 

まず初心者がよく悩むどこから底をカウントするのかについてですが、基本的にはビシの位置(錘の位置)を基準に考えます。つまり底から3メートルと言われたらビシの位置を底から3メートルの位置に持ってくるということです。

 

糸を落としていって、錘が着底したのを確認したら(糸が出なくなったら)リールを6回転すると大体底から3メートルの位置になります(1回転で約50センチメートルの場合)このとき仕掛けはビシより下に漂っていますので上の図で行くと、底から2メートルの位置に仕掛けが漂っている形になります。

 

1メートル巻いたかどうかを知るには道糸のPEラインを見ることでわかります。色が変わると10メートルで、1メートルごとにマークが付いています。リールを巻きながら何メートル巻いたかはこれでチェックできます!

f:id:ikuo00uk:20200912181350p:plain

引用【https://kouyuu-ngt.com/pe-line.html

 

LTアジの誘い方

さてタナの位置についてわかったところで、誘い方です。
上の位置でそうか!じゃあ3メートル巻いてからコマセを撒けば良いんだ!と思っていきなりリールを6回転して、竿を上下に誘ってみるとタナがずれてしまい釣れません。

 

正しい誘い方の手順はこんな感じです!

1.ビシを海底まで落とします。

2.着底したことを確認したら、リールを巻き糸フケを取ります。(糸がピンとしている状態にします)

3.リールを2回転して、ビシを底から1メートルの位置に持っていきます

4.竿を上に軽めに振りコマセを撒きます

5.リールを2回転して、10秒ほど待ちます(この時点で底から2メートル)

6.アタリが出なかったら再度コマセを撒きます

7.リールを2回転して、10秒ほど待ちます(この時点で底から3メートル)

8.アタリが出なかったら1に戻る

※2回繰り返してもアタリが出ない場合は一度ビシを回収しコマセを詰めて再度1へ

 

なぜこれだけ細かくビシの位置を変えるか?ですが、

コマセを撒くとコマセは上にふわっと出てそこからゆっくり下に落ちてきます。コマセを撒く際、竿を上に振っているため竿を上に上げた分だけビシの位置が上がるため、底から1メートルでコマセを撒いた際には、コマセは底から2~3メートル上に撒かれています。

 

そこから1メートルほど巻き、先程巻いたコマセの煙幕に仕掛けを入れることで、アジがコマセに突っ込んできて付けエサを食べるわけです。

10~15秒ほど待ってもアタリが来ない場合、もう一度誘って1メートル巻きます。これでタナの位置を探していくわけです。底から3メートルと言いながらも、実際には2メートルによく食べるアジが居たり4メートルの位置にアジがいたりするので釣りながら一番釣れる位置を見つけていくんですね。

 

ポイントをまとめると、底から1メートルでコマセを出してあげることでアジがいるタナにコマセが漂います。その後ビシの位置を指示タナに合わせることで、先程撒いたコマセの位置に仕掛けが同調して釣れるようになります!

 

LTアジ 東京湾 サバ

こんな大きなアジやサバも釣れます

コマセを振る位置と、アタリを待つ位置が違うのがポイントです!

 

それでもなかなか釣れない時は? 

エサを赤短から青イソメに変えたり、ワームにしてみたりなどもありますが、個人的にはタナを見つけにいきます。底から50センチ刻みでコマセを撒きよく釣れるタナを見つけていきます。こればっかりはコマセを撒きながら見つけていくしか無いので、船長の指示タナの周りを探してみましょう。慣れてくると底からこのタナには小さいアジ、このタナだと大きいアジなど分かるようになってきます。

 

簡単そうで、奥が深いLTアジ。
ぜひタナの合わせ方に気をつけて楽しんでみてください!
ちなみにアジがたくさん釣れた場合は、干物にしてみるのもおすすめですよ!

 

www.fishing-tokyo.com