釣り初心者の東京湾・相模湾・大原の海釣り記録

2019年5月に釣りデビュー以来、釣りにハマった会社員。東京湾、外房大原・相模湾を中心とした海釣り・船釣りの記録

夢の大鮃求めて。大原にLTヒラメリベンジ

今年の冬は本当ヒラメに夢中。

LTヒラメは、イワシを餌にじっと待ついわゆる静の釣りなのですが、ヒラメがあたった時のあのドキドキ感はなんとも言えぬ高揚感があり、引きも楽しめるし何より食べて美味しいヒラメ釣りは本当に楽しい。

 

ということで2月1日も千葉県大原沖にLTヒラメをやりにやってまいりました。 

f:id:ikuo00uk:20200201125335j:image

 いつもお世話になっているあままさ丸さんに深夜2時ごろ到着。

受付が始まる4時30分まで車の中で仮眠。 

 

2月からあままさ丸は9周年記念。3月末まで真鯛とヒラメそれぞれの部門で、最も大きい(重たい)魚を釣り上げた人が優勝のダービー開催中なので、なんとか大きいヒラメを釣りたいところ。

 

本日は、左舷トモから2〜3番目に座る。いつも右舷に座ることが多いので新鮮な感じ。

今回ヒラメを狙う場所は最近激アツだった大原港近くの浅場(水深5~7m)では無く沖のポイントへ。3〜40分ほど船を走らせる。

この日は風も強く中々の高波でちょっと船酔いしそうになった。

f:id:ikuo00uk:20200202115418j:image

 

この日のタックルは、

ロッド シマノライトゲームBB 195センチ

リール シマノバルケッタBB300G

ライン PE 1.5号 200メートル

仕掛け あままさ丸専用仕掛け

いつもLTアジと同じタックルを使ってます。

 

沖のポイントということも有り、水深40メートルくらいからスタート!錘は50号使用。風も強く潮も流れてそうなのですが、海濁り気味なのか、ヒラメの反応があまり無い…

実は前日も浅場で潮濁りの為ヒラメ激シブだったと聞いていたので嫌な予感。

 

ラインは結構流れるので小まめに底を取り直さないと棚の位置が安定しない感じ。

いつもであれば朝6時から7時台にそこそこヒラメが揚がるのですが、この日はアタリらしきアタリも無く何度もポイントを移動しては仕掛けを入れ替える。

 

3時間ほど戦うものの、左舷いまだにヒラメ1尾も上がらず。たまにマハタや沖メバルが上がったりする程度。これは本当にまずい…

 

途中小さなガツガツとしたアタリがあり、合わせるものの途中でバレてショック😭(ヒラメっぽさは無かったけど、もしかしたら...と考えると悲しくなる)

 

この日のイワシは、普段使うマイワシと異なりものすごい小さめ。イワシが小さいからヒラメも気づかないのかな…

f:id:ikuo00uk:20200202120206j:image

そんなヒラメボウズな左舷の雰囲気の中、支給された15センチほどの比較的大きなイワシを付けて妹が投入すると、即バイト。待望のヒラメ!と思って上がってきたのは30センチほどのマトウダイ

f:id:ikuo00uk:20200202120940j:image

(また珍しいものが上がってきたものだ…)

 

そんな中、左舷真ん中の人に強烈な引きが。見るからに引くので青物かな〜と2人して見てると上がってきたのは座布団級の大ヒラメ!!!

70センチ近いサイズの、巨大ヒラメは測ってみると4.2キロ。これはみんな拍手👏ダービー暫定優勝w

f:id:ikuo00uk:20200202121408j:image

(船宿より拝借) 

 

結局この後もヒラメは食わず、痛恨のボウズのまま11時30分に納竿。夏のスルメイカ釣り以来、2回目の船でのボウズ食らった😭

 

2月はヒラメ釣りに行くことは難しそうなので、春先シーズン最後のヒラメリベンジに挑むことを決めて帰ったのでした。

 

今回お世話になった船

千葉県大原いすみ市 あままさ丸 

 

※この日は他の船含め全体的に不漁だったものの、揚がるヒラメは3キロ超えの大鮃が多かったんだそう。